頚髄損傷に負けないぞ! −車いすの臨床心理士−

アクセスカウンタ

zoom RSS 「記念日」と言われると違和感があるけど「大切な日」であることは間違いない

<<   作成日時 : 2014/03/11 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像震災から3年。
僕自身も2年前の今日から4日間、岩手県大船渡市にボランティアで行かせてもらって、まだまだ復興の進んでいない東北の姿を目の当たりにしました。
当時、一年経ってもなお頻繁に地震があって、僕がボランティアに行った時も確か震度4の揺れがあったと思います。
避難勧告が出て、ベースのみんなに車いすを押してもらいながら高台へ行って、避難所で戴いたカンパンを食べながらニュースを見ました。
それを遥かに超える揺れと混乱が、恐怖が、不安が、悲しみが、まさにこの場にあったんだなと強く感じました。

時間の力は凄まじく、徐々に落ち着きを取り戻している人は増えています。
日常の中で震災を感じる日も少なくなったのかもしれません。
ただ、それは決して忘れたわけではないということ。
「3.11を忘れないということ」と「365日思い続けること」はまた別のこと。
自分の人生や生活、笑顔を取り戻しながらも、時には思いだし向き合っていく。
そしてそれをまた今や未来に繋げていくことが僕たちに求められているのではないでしょうか。


今は被災した人や関係者の人がそれぞれの生活を取り戻し、また前を向いて歩んでいけるよう、一日も早い復興とともに願うばかりです。

そして僕自身も心の専門家として、災害時に何ができるのか考え、備えておきたいと思います。


写真一枚目は二年前の大船渡の街の一画。
今日は震災時の写真をあげている人が多いと思いますが、一年経ってもこのような状態だったというのを改めて感じてもらえればと思って。
特にがれきの残っている写真を選んだわけではなく、街の多くがこのような状態でした。

写真二枚目の人は地元に住んでいる田所さん…だったかな。
バグったパソコンを直しに行ってお茶を戴いたことを覚えています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「記念日」と言われると違和感があるけど「大切な日」であることは間違いない 頚髄損傷に負けないぞ! −車いすの臨床心理士−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる