頚髄損傷に負けないぞ! −車いすの臨床心理士−

アクセスカウンタ

zoom RSS 来年はどんなクリスマスを過ごそうか?

<<   作成日時 : 2013/12/25 19:46   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像Merry Christmas!

…スペル合ってますか?
見るからに英語に弱い、薄い日本人顔の臨床心理士たいきです。

正確にはまだ資格の発効もされてないし、お金も振り込んでないので臨床心理士ではないですが。^^;
それにしても臨床心理士は受験料に3万、合格しても登録するのに5万でしょ?
さらに言えば都道府県の臨士会に入るのに1万…
今「りんし」を変換したら「臨死」って出たんですけど、うん、素直にこっちの方が今の自分にぴったりだなと思いました。

ちなみに病院に就職して、ないよりはあった方がいいと言われ取得した認定心理士。
これの登録にも確か4,5万かかってるんだが意味はあったんだろうか。。


と思う今日この頃ですが、せっかくのクリスマス、暗い話はここまで。笑
昨日、今日と僕は仕事ですが、23日に結婚式を挙げたホテルモントレ京都でディナー×クリスマスコンサートに行ってきました。

コンサートはチャペルであったのですが、2年前ここに立ってたんだぁと思うと少し感慨深くなりました。
さらに、「あの星の車を見て、来てるなと分かりました」と担当プランナーだった人が声をかけに来てくれたのも嬉しかったです。
こうしたちょっとした行動が人の心に残るなぁと、自分も心掛けようと思いましたね。

そんなチャペルでのコンサートは日本語噛み噛み苦笑い牧師のありがたそうな話から始まり、キリストの誕生を祝い、賛美歌を歌うところから始まりました。

(゜_゜>)賛美歌なんて歌ったことねえ

とりあえず口パクで対応しましたが、周りの人を見てみると結構な声量で歌うおばちゃんもいてキリシタンかな?と。(それとも賛美歌って一般ピーポーでも歌えるもの?
自分は全くの無信教ですが、そういえば小学生のころ、今思えばキリシタンのお家柄だったのかな、先輩に誘われて、近所の教会のクリスマスパーティーに呼ばれて行ったことを思い出しました。
それもたぶん賛美歌とか流れたりしてたんだろうけど、ケーキばっか食ってて全く覚えてないwww

いやいや、何が言いたいかということですけど、今回も思わずして結果的にそうしたイベントに参加したわけですけど「こういうクリスマスの過ごし方もあるんだな」と思ったわけですよ。
これまでのように、自分たちが船乗ったり空飛んだり、友達と騒いでいる一方では、こうしてキリストに感謝したり、形式だったしきたりを行うクリスマスもあるのかな。
そしてそれは参加している人たちにとっては何よりも価値があり、人生にとって意味のあるものなのかなと。

キリストに限らず、何教にしたって何様にしたって、それを信じている人がいる、その人にとっては大きな支えになっている(なってきた)ということでしょうな。

カウンセリングをしてても時々、「えぇ〜、なんでそういう考えなっちゃうの〜〜〜」と一見思ってしまいそうなこともありますが(まぁそうした素直な気持ちも大事であるという捉え方もあるとして)、それを否定するのではなく、「この人にとってはそれがリアルなんだ」と理解する姿勢は大事。うん、きっとそういうことだ。笑

なんにせよ、今年は今年で楽しいクリスマスでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
来年はどんなクリスマスを過ごそうか? 頚髄損傷に負けないぞ! −車いすの臨床心理士−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる