頚髄損傷に負けないぞ! −車いすの臨床心理士−

アクセスカウンタ

zoom RSS ボードに挑戦(頚損後3回目)

<<   作成日時 : 2013/02/17 23:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


昨日は頚損後3回目(人生3回目でもあります)のボードに行ってきました〜。

画像
去年は滋賀の余呉と奥伊吹にそれぞれ行きましたが、今回はもう少し足を伸ばして岐阜の鷲ヶ岳スキー場へ!!

スキー場で一番悩まされるのがリフト。
まずボードを付けながらリフトの乗り降りは難しいし、歩くにしても通常のリフトのスピードでは間に合いません。
去年も、交渉しましたがリフトを止めることはおろか、スピードを緩めてもらうこともできませんでした。
(それ以前にボードを付けずに乗ることができないっていうのもありましたし…)

昨日もそのへんに不安は感じつつも、とりあえず行ってみて交渉!
まぁ無理だったら自力で登って、登った分だけ滑ろう…

そんな気持ちで

「すみません、こうこうこうで〜…なのでリフトをこうしてああして…」

と尋ねたところ、

「うん、いいですよ!」

(へっ?!)

あまりの即答(しかも気軽)にびっくり。笑

というわけで、無事にリフトに乗れることに。
ちゃんとリフトを止めて対応してくれました〜★

鷲ヶ岳はリフト券の障害者割引もあるし、そういうところってちゃんとしてるのかな?


さあさあ、無事にリフトに乗って、1Kmぐらい登りました〜
次の課題は、無事に下りることができるかどうか。笑
去年はリフト上がったところから下まで3時間ぐらいかかりましたからね…

ここからは、相方についてもらって、こける度に起こしてもらいながら、ゆっくり、ゆっくりと少しずつ練習しながら下りていきました。
ちなみに今回のテーマは「マイペースに行こう」です。
去年、あまりの自分の不甲斐なさに苛立ち、そして相方も何度も僕を起こすのに苛立っていましたからね。笑

その教訓を生かして、穏やかに下りようと密やかに決意し、相方にも「今日はマイペースに行こう」とだけ伝えておきました。

【滑ってる様子がこちら】


やっぱり一度リフトで登ると、下りるのに2時間かかりました。
それでも午前1回、午後1回滑り切り、だいぶ感覚はつかんできたような気がします。

でも今回、僕はそれほどくじけませんでしたが、相方はやっぱり途中でくじけそうになって、「もうしんどい」と悲し嘆いていました。

画像そこで、こんな計算をしてみました。
午前なんかは10メートルに1回以上は確実にこけてるわけで、大回りのコースで下りるから下までの距離が1500メートルあると仮定します。
すると…
相方は150回も僕を起こしてることになりますwww
しかも歩きながらwww

そりゃあ嘆きたくもなりますよね…。苦笑


という感じで、今回は友達に教えてもらい、また協力してもらいながら行い、だいぶ上達したような気がします。
それでも頭では完璧に滑れているはずなのに、なかなか身体に伝わらないのがたまに何とも言えない気持ちになりますが…

何度もこけたのと、膝を酷使したせいで、膝と手首と色んなところがちょっとおかしいことになってます。
(治りそうな感じのやつなんでご安心を)

でもなんか、スポーツやって生じるこういう身体の違和感…なんとなく嫌いじゃないです(ドM?!)。笑

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
動画見たよー!!楽しそう!!
すもも
2013/02/23 00:08
▼すもも
楽しかったよー★
もうちょっとできるようになったらもっと楽しいんやろうけど^^
たいき
2013/02/27 00:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボードに挑戦(頚損後3回目) 頚髄損傷に負けないぞ! −車いすの臨床心理士−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる