頚髄損傷に負けないぞ! −車いすの臨床心理士−

アクセスカウンタ

zoom RSS ながら歩きは体力使う

<<   作成日時 : 2013/01/28 23:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


ここ数日かなり冷え込んできましたね。

頚椎損傷になって自律神経系の障害、要は体温調節機能の障害ですね、頚損の人はみんな共通して寒さには弱いです。

僕の場合も例外なく、寒くなると関節が固くなったり、筋肉が緊張してすっごい動きにくくなります。
特に冷たい風の強い日、これが一番堪えるんですね。
瞬間的に冷たい風が当たるごとに「ガチ〜ッ!ガチ〜ッ!」っと固まってしまいます。

頚損の何がキツいかって、「寒いときに急げないこと」。
寒けりゃ急げばいい、うん、そりゃそうなんですけど、頚損になってからは「寒くても急げない、むしろ遅くなる」んですね。笑
なんて非情な体なんだ…。


その点、今日はまだマシだったかもしれませんね。
相変わらず気温は低いですが、ここ数日の風の強さはだいぶマシになってきて、それだけでもだいぶ違うなと感じました。

今日は大学に行く用事があったのですが、その帰りはもう18時ごろになっていました。
僕はカバンを持ちながら、建物を出て歩き始めました。
そこで、ちょうどゼミの先生が出てきたんで、雑談を交わしながら僕の車の置いてある方まで、坂道を登りながら歩いていたんですが・・・
ようやく車に辿り着いて先生と別れたころには「はぁ、はぁ」と切れる息。

前から感じてたことなんですが、頚損になってからというもの、カバンを持ちながら、話しながら、歩く、っていう風に、なんかしながら歩くっていうのがとてもとても難しくなったように思います。
なんかスゲェー体力使う。笑

昔ならガム噛みながら、話しながら、逆立ちで歩く、なんてことも簡単にできたんですねど。笑


まぁでも息が切れながらでも、誰かと一緒に話しながら歩を進められるというのは、とても幸せなことだと感じました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ながら歩きは体力使う 頚髄損傷に負けないぞ! −車いすの臨床心理士−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる